未分類

紫外線とその影響について・・・PART2

西中島・新大阪駅近くのメンズサロンAZの本間です。

 

前回は主に皮膚に対する紫外線の影響について書かせて頂きましたが、今回は毛髪について書きたいと思います。

毛髪は紫外線により乾燥、強度の低下、表面の粗雑化・色素や光沢の消失などの影響を受けます。漢字ばかり並べましたが…ザックリいうと髪がパッサパサになってクシが通りにくくなり色も明るくなってしまいます。

よりダメージヘアーになってしまうということです。

紫外線が毛髪に当たると紫外線が吸収され、毛髪を構成しているアミノ酸が酸化されて別の物質に変化してしまいます。そうする事で毛髪にダメージが蓄積&大きくなります。よって日本でも夏の過酷な日差しは髪をダメージさせるとともにヘアカラーの褪色を進めてしまいます。

一つ付け加えると、赤道付近で暮らしている人々は紫外線が他の地域より強く降り注いでいるので、紫外線に対する抵抗力を高めるためにメラニンという色素細胞が多く体内で生成されます。なので比較的肌は褐色~黒色、毛髪は黒色で縮れている人種が多いと言われています。なるべく紫外線からの影響を軽減させているのですね。

 

毛髪のメカニズムはまだまだ解明されていません。

これから色々な事が解明されていくと思います、楽しみです!!